シアーミュージックの評判がいい3つの理由とは?

リップロールが歌が上手くなるのに効果的なのはどうして?

リップロールの練習をすると歌が上手くなる?

リップロールというのは、唇を息でプルプルと震えさせて音を出すものです。

 

リップロールをやると、歌が上手くなるというのはあなたも聞いたことがあると思います。

 

 

それでは、どうしてリップロールで歌が上手くなるのかについて説明します。

 

理由は2つあります。

 

 

1.口の周りの筋肉が鍛えられる

 

唇をプルプルと震えさせることで、口の周りの筋肉も同時に刺激されるようになります。

 

発声に必要な筋肉が鍛えられるために、安定した声を出せるようになります。

 

 

2.声が安定する

 

リップロールを維持するためには、一定の息を出し続けなければなりません。

 

つまり、「リップロールの練習=一定の息を出し続ける練習」ということになります。

 

 

歌が上手くなるための効果的なリップロール

 

ただ、唇をプルプルと震わせるようにリップロールをするだけではなく

 

音に合わせて、リップロールをするとより効果的に歌が上手くなる練習ができます。

 

 

音に合わせてというのは、例えばピアノの音なんかですね。

 

ボイトレなんかで、よくやっている

 

『ドーレーミーレードー』

 

といった発声の練習を、リップロールでやってみるなど。

 

 

または、スローテンポの曲を鼻歌のようにリップロールで歌ってみても効果的な練習ができるようになります。

 

 

シアーミュージックでも、リップロールを使って練習をやりました。

 

大体のミュージックスクールでは、リップロールを使った練習をやるかと思います。

 

 

なので、リップロールが出来るように家で練習しておくとミュージックスクールに通う時に役に立ちます。


ホーム RSS購読 サイトマップ